« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

山瞑想Part4

2014_04_20_eos5dm2_0

☆EOS5DMⅡ+CANON MACRO LENS EF100mm F2.8L IS USM

 (「アオジ」~スズメと同じ位の大きさの野鳥です。)

 

 

 4月26日(土)~29日(火)の4日間、

 老師の「山瞑想Part4・悟りのコース」に参加してきました。

 

 

 老師に出会ったのは、2007年5月でした。

 2008年7月12日~13日に「山瞑想Part1」、

 2008年11月29日~30日に「山瞑想Part2」、

 2008年12月6日~7日に「山瞑想Part3」を受けたにも関わらず、

 その時は、まだ良く分かっていなかったために、

 2009年~2011年の3年ほど離れていました。

 

 2012年5月から、また老師の瞑想会に参加するようになり、

 2014年1月~3月にかけて、「山瞑想Part1~3」をもう一度受け直し、

 4月の「山瞑想Part4」を心待ちにしていました。

 

 2004年から10年近く某ヒーラーに指導を受けていたけれど、

 苦しくなるばかりだったのは、「自分」を何とかしようとしていたからでした。

 

 「大悟」している老師は、

 悟っていない某ヒーラーとは、全く次元が異なっています。

 

 

 「自分」は、身体でも、心でもない。

 「自分」=「考え」であり、分離しているから、

 「自分」がある限り、何処まで行っても、苦しい。

 

 「自分」=考えであり、ただの影なのに、

 これを自己と思い込んでいるから、始末が悪い。

 では、どうするか…

 

 

 理屈だけでは、説明出来ないので、これ以上書かないけれど、

 「悟り」を知りたい方は、実際に老師が主宰する「山瞑想」に参加して、

 体験してください。

 

 私は、「山瞑想Part1~4」に参加して、

 どうして苦しかったのか、その苦しみから自由になるためにはどうするか、

 漸く分かりました。

 

 これから、生きて行く中で、より理解が深まって、

 どんどん自由自在になって行くのが楽しみです。

 

 

********************

 

 

以下は、

「 I AM THAT 私は在る  ニサルガダッタ・マハラジとの対話」

からの抜粋です。

 

 

 探究者とは自分自身を探している人だ

 

 「私は誰か?」以外のすべての質問を放棄しなさい

 結局、あなたが確信できる唯一の事実とは

 あなたは在るということだけだ

 「私は在る」は確かだ

 「私はこれだ」は確かではない

 真実のあなたとは何なのか

 それを見いだすために努めなさい

 

 あなたが何なのかを知るために

 あなたが何ではないかを知りなさい

 あなたではないものすべてを発見しなさい

 身体、感情、思考、時間、空間、あれやこれ…

 具象であれ、抽象であれ

 あなたが知覚できるものはあなたではない

 知覚するという行為そのものが

 あなたの知覚するものが

 あなたではないことを示している

 

 マインドのレベルにおいては、

 あなたは否定的言語によってしか描写できない

 ということをより明確に理解するほど

 あなたの探求はより早く終焉を迎える

 そして、あなたが無限の存在であることを悟るのだ  

         シュリー・ニサルガダッタ・マハラジ

 

 

*上記の本の他、

  クリシュナムルティーの「自我の終焉」や、「子供たちとの対話」なども、

  老師のお勧めの本です。

 

*日本にも、道元、良寛、一休、井上義衍老師などの悟りの先達が沢山いますので、

  これから、それらの本も読んで行きたいと思います。

 

 

 

 

 

2014年4月22日 (火)

真我の道

2014_04_20_eo

☆EOS5DMⅡ+CANON MACRO LENS EF100mm F2.8L IS USM

  筆竜胆(ふでりんどう)

 (気を付けて歩かないと踏み付けてしまいそうなほど小さい野草です。)

 

 

 

「恐れ」からの行動は、生きるエネルギーをどんどん奪って行く。

 

とことん追い詰められ、漸く、

「自分の中に全てがあるのだから、脱落するなんて有り得ない」と気付き、

「恐れ」から解放され、私は、自分を取り戻した。

 

私は、より自分を感じ、より自分のことが分かるようになった。

ここ10年近く停滞していたエネルギーも活発に動き出した。

 

 

私は、これからは自分の行動の動機を吟味して、

「恐れ」からの行動はしない。

「愛」からの行動を選択する。

 

誰でも、自分の中には、完璧な真我(無我)=無条件の愛が存在する。

だから、自分を無理やり変えようとしなくても、

気付きによって、オートマチックに変わって行く。

 

随分と遠回りしてしまったが、

今、私は、真我の道を歩いている。

 

 

 

 

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

フォト

FILM写真

  • 20130910200010028
    2011年5月21日(土)「LEICA M6」 を購入。その後「ROLLEICORD Ⅴ」、「LEICA Ⅲf」、「LEICA M3」を購入。フィルム写真を楽しんでいます。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my worldー風景&HANAー

  • 2014_11_27_eos5dm2_
    「Lumix LX1」、「EOS Kiss X3」、「EOS 5DMⅡ」、「EOS 7D」で、切り取った風景、花。 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my world -定春&豆子-

  • 2013_10_07_eos5dm2_08
    我が家のチワワ定春(♂)&豆子(♀)の写真 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

粘土細工

  • 2013061213_2
    こどもの頃のどろだんご作りを思い出しながら、アニメーション粘土を使って作りました。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ