« 選択 | トップページ | 粘土細工7-ゴジラ対かぶ »

2013年4月19日 (金)

罪と赦し

2013021100

☆LEICA M3 + SUMMICRON 35mm F2(first)

 

昨日のワークで

「なぜ、人は罪悪感を感じたくないのか、

 なぜ、人は自分の非を認めたくないのか」という話がありました。

 

その答えは、

「『罪』と『罰』がセットになっているから」でした。

 

「罰を受けたくないから、自分の非を認めない」、これは単純な例。

もっと根深いところでは、無意識に自分に罰を与えているとのことでした。

 

「本当は分かっているのに、自分の非を認めない場合も、

本当は罪悪感を感じているから、自分で自分に罰を与える、

『自分は幸せになってはいけない』と自分に罰を与える、

  故に、幸せになれない。」(byみっちー)

 

なるほど、

「罪」と「罰」がセットになって、根深く私たちの意識に組み込まれていたら、

どこまで行っても、私たちは幸せになれない。

 

では、どうしたらいいか、

「『罪』と『罰』がセットになっているところを解除して、

罪を罰するのではなく、何もなかった事にするわけでもなく、

痛みを受け入れて『赦す』」(byみっちー)

 

私は、過去のあることに対して強く罪悪感を感じていたので、

「罪悪感を感じたくない理由」と聞かれても、

はじめは、ピンとこなかったけれど、

 

「自分に罰を与えるという事は、

自分の痛みを受け入れていないということ」と聞いて、

 

私は、恐れから自分を麻痺させて、自分の痛みを受け入れていなかったこと、

自分を罰して、自分の情熱を無き者にしていたことに気付きました。

 

ワーク最後の瞑想では、

統合された本来の自分の圧倒的な愛を感じ、痛みを受け入れました。

赦すということは、自分の中の愛を信じ、痛みを受け入れることだと分かりました。

 

人を赦すということは、自分を赦すということ、

自分を赦すということは、人を赦すということ、

どちらも、自分を愛だと信じることと繋がっています。

 

とても大切な気付きをありがとう!

みっちー&MIEKO、ワークに参加した仲間達ありがとう!

 

 

 

 

« 選択 | トップページ | 粘土細工7-ゴジラ対かぶ »

LEICA M3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 罪と赦し:

« 選択 | トップページ | 粘土細工7-ゴジラ対かぶ »

フォト

FILM写真

  • 20130910200010028
    2011年5月21日(土)「LEICA M6」 を購入。その後「ROLLEICORD Ⅴ」、「LEICA Ⅲf」、「LEICA M3」を購入。フィルム写真を楽しんでいます。COPYRIGHT(C) 2000-2020 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my worldー風景&HANAー

  • 2014_11_27_eos5dm2_
    「Lumix LX1」、「EOS Kiss X3」、「EOS 5DMⅡ」、「EOS 7D」で、切り取った風景、花。 COPYRIGHT(C) 2000-2020 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my world -定春&豆子-

  • 2013_10_07_eos5dm2_08
    我が家のチワワ定春([E:#x2642])&豆子([E:#x2640])の写真 COPYRIGHT(C) 2000-2020 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ