« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

愛が満ちてくる

Photo

 

 母は、しあわせだったろうか

 父は、どうだったろう

 祖母は、…

 

 今は亡きひとたちのことを思うと、

 涙があふれてくるけれど、

 

 涙とともに、こころは癒され、

 愛が満ちてくる…

 

 

 

2011年7月27日 (水)

92_2

☆「いいお顔をしてごらん」と大人が言うと、

102_2

☆女の子は、わざと「イー」という顔をしてみせます。

 

 

 みっちー先生&MIEKOちゃんの「ボディワーク」を受けて、

 一番痛かったのは、「顔」だった。

 

 特に頬のところ、

 

 その痛みは、ただ「痛みが強烈」というだけではなく、

 兎に角、「とても嫌な痛み」としか言いようのないものだった。

 

 

 ずっと人が怖かった私は、

 笑顔の仮面を被った。

 

 20代の頃、

 笑顔を作ろうとすると、

 顔が引きつるようになったこともあった。

 

 いつしか、頬の筋肉は形状記憶合金のようになり、

 仮面と顔は一体化した…

 

 

 今でも、

 まだまだ人が怖い自分がいるし、

 まだまだ愛を信じきれない自分がいる。

 

 だけど、大丈夫、 

 愛で人とつながることができるという希望が、

 見えてきたから…   

 

 

 何代にもわたって、

 連綿と続いて来た「恐れや不安をベースにした生き方」を手放して、

 新しい生き方をを選択する。

 

 愛をベースに、

 もっと自由に、

 もっと楽しく、

 もっとパワフルに、

 自分を生きることを選択する。

 

 

 

2011年7月26日 (火)

大人たち

143

☆祖母、両親、姉、従兄弟たちと一緒に。

 

  女の子の周りには、両親のほかに、たくさんの大人たちがいました。

  祖母、伯父たち、伯母たち、会社の従業員たち…

 

  女の子は、

  大人同士の確執を肌で感じて育ちました。

 

  女の子の父親は、三人兄弟の三男坊で、

  とてもまじめな努力家でしたが、

  一代で会社を興し大きくした祖父が早くに亡くなり、

  その後兄弟3人で継いだ会社の中で、 

  思うようにいかないことが多かったのでしょう。

 

  いつも苛立ちを隠せないような状態で、

  女の子は、父親の顔色を見ては、怖くて、びくびくしていました。 

 

 

  早くに親犬から引き離されたために、

  何でも怖がるチワワの豆ちゃんを

  見ていて思うのですが、

 

  人間も動物も、

  無条件に愛され守られ受け止められる幼少期の体験は、

  とても大切だと痛感します。

 

 

 

2011年7月23日 (土)

むかし、むかし、あるところに…

2

☆むかし、むかし、あるところに女の子が生まれました。

 

7

☆近所の男の子とお外で遊ぶのが大好きな元気な女の子でした。

 

2_2

☆お祭りには、花笠をかぶり法被を着て、

 鼻におしろいを塗ってもらいました。

 

113

☆お姉ちゃんや従兄が7歳のお祝いのときには、

  まだ3歳でしたが、いっしょに着物を着せてもらいました。

 

123

☆きれいな着物を着てご満悦。

 

197

☆女の子は7歳になりました。

 折鶴模様のすてきな着物をつくってもらいました。

 髪を伸ばしていたので、日本髪を結って、

 きれいな簪をたくさん着けました。

 

227

☆女の子が7歳になる頃には、

 父方も母方もおじいちゃんは亡くなっていましたが、

 両方のおばあちゃん、親戚のおばさんたちがお祝いに来てくれました。

 こんなふうに、

 女の子はみんなに祝福されて、大切に育てられました。

 

 

 

2011年7月20日 (水)

階段

2011070

 ☆ LEICA M6 + M-ROKKOR 40mm F2

 

 

 階段を見ると、

 子供の頃、とても不思議な階段があったことを思い出す。

 

 階段を上るとそこに世界があり、

 下るとそこにも別な世界があり、

 また上ると別な世界があり、

 また下ると別な世界があり…

 

 同じ階段を上り下りしているのだが、

 上り下りのたびに新しい世界がそこに現われる。

 

 夢だったのか現だったのか、

 何かの象徴として記憶しているのか、

 未だに不思議な感覚として覚えている。

 

 

 

2011年7月19日 (火)

マトリョーシカのように

20110708_2

☆パワースポットとして有名な明治神宮の清正井。

 都会の真ん中とは思えない静謐なエネルギーを感じる場所でした。

   (LEICA M6 + M-ROKKOR 40mm F2)

 

 

 いつの間にか自分の軸足がずれて、

 否定的な感情に飲み込まれてしまうようなことを

 何回か経験するうちに、

 

 「自分の現実は自分が創っている」ということの意味を、

 体験的感覚的に理解した。

 

 

 「自分の現実は自分の意識によって成り立っている」と、

 バシャールの本に書いてあったが、

 

 自分がどこ(どの周波数)に軸足を置くかで、

 自分の見える現実が、

 そして自分の現実が、

 変わってくる。

 

 自分が見ている現実がそのまま自分の現実だから、

 当然と言えば当然だけど…

 

 パラレルワールド的にたくさんの自分の現実が存在し、

 自分は一瞬一瞬どれを選択するかで、

 一瞬にしてその選択した現実にいる、

 それを学ばせてもらった。

 

 

 自分の選択で、

 自分の望む現実、

 より本質的な自分に、

 シフトすることが出来るなんて、

 ワクワク、ドキドキしてしまう。

 

 

 そして、

 形式を取り払った7月14日(木)の「変容の瞑想会」では、 

 終始、高い周波数で瞑想会が進み、

 その周波数に共鳴することで、

 より本質的な自分を感知することができた。

 

 MIEKOちゃんが「マトリョーシカのように」と言ってくれたけれど、

 そうやって、どんどん自分の中心に向かって、

 より本質的な自分に成って行くことは、

 ほんとうにワクワク、ドキドキする。

 

 

 

2011年7月12日 (火)

大気圏突入

2011_07_11_eos5dm2_00798

☆我が家でも緑のカーテンとしてゴーヤを植えました。

 すくすくと育って、実が生り始めました。

 

 

 否定性が出てくることは、

 それを意識化するチャンスだけれど、

 

 自分の軸足がどこにあるか、

 絶えずチェックしながら進めていかないと、

 

 いつの間にか軸足がずれて、

 否定的な感情に飲み込まれてしまう。

 

 

 そんな失敗を何度か重ねながらも、

 自分の軸足をきちんと愛に合わせることを学び、

 長いこと置き去りにされたままになっていた私と向き合い、

 統合が着々と進んでいる。

 

 

 みっちー先生&みえちゃん、ワークの仲間たち、

 皆さんの助けがあって、

 ここまで来ました。

 

 ほんとうに大気圏突入の気分です。

 

 今までの無意識の習慣は、隅々まで燃やしつくして、

 初めて本来の自分が出てくる、

 

 燃え尽きないように、

 突破したいものです。 

 

 

 

2011年7月 1日 (金)

今までの自分を形造っていたもの

2011_07_01_eos5dm2_00783

☆CANON 5D MarkⅡ + CANON MACRO LENS EF100mm F2.8 L IS USM

 

 

今まで無意識に反応していたものが、

最近、どんどん表に出てきていて、

自分でも、愕然とする。

 

何かが出来ないと、

自分の全部を否定してしまう自分。

 

ちょっとした他者の言葉から、

自分を全否定されたように感じてしまう自分。

 

今まで、

自分はこんなにも否定的な反応を無意識にして来た。

これじゃあ、劣等感のかたまりになるよね。

 

その結果、

 

劣等感を払拭すべく、

頑張る。

 

劣等感を払拭すべく、

他者を否定して、自分は優位に立つ。

 

自分で自分を認められないから、

他人に認めさせようとして、支配的になる。

 

あー、もうこんな悲しい努力は、やめよう。

 

私は、

どんな自分も認め受け入れ、

愛に満ちた自分を生きることを選択する。

 

 

 

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

フォト

FILM写真

  • 20130910200010028
    2011年5月21日(土)「LEICA M6」 を購入。その後「ROLLEICORD Ⅴ」、「LEICA Ⅲf」、「LEICA M3」を購入。フィルム写真を楽しんでいます。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my worldー風景&HANAー

  • 2014_11_27_eos5dm2_
    「Lumix LX1」、「EOS Kiss X3」、「EOS 5DMⅡ」、「EOS 7D」で、切り取った風景、花。 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my world -定春&豆子-

  • 2013_10_07_eos5dm2_08
    我が家のチワワ定春(♂)&豆子(♀)の写真 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

粘土細工

  • 2013061213_2
    こどもの頃のどろだんご作りを思い出しながら、アニメーション粘土を使って作りました。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ