« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

定春くん

20110601leica

☆LEICA M6 + M-ROKKOR 40mm F2

 

定春くん登場。

(眠くて、眼がとろんとしています。)

 

寸胴でころころ太っている定春くん。

ころころの毛玉のようで、触り心地がいい。

癒しの存在です。

 

先日も、トリマーのお姉さんに、

「定春くん、カワイイ!

 このくらい太っている子(犬)が好き、

 うちの子(犬)も太らせているんです。」

 

ちなみに、このお姉さんも、ちょっと太ってました(^^ゞ 

 

定春くんは、

どんなときも、

存在自体が癒しです…

 

 

 

2011年6月28日 (火)

20110618_2

☆LEICA M6 + M-ROKKOR 40mm F2

 

行き先が分かっているから、

その場所が愛に満ちた場所だと分かっているから、

 

この道を行く。

 

 

 

2011年6月26日 (日)

超えて行け

20110618_2

 ☆LEICA M6 + M-ROKKOR 40mm F2

 

 

 おそすぎる事はない 早すぎる冬よりも

 始発電車は行け 風を切ってすすめ

 

 目の前のコップの水を ひと息にのみほせば

 傷もいえるし それからでもおそくない

 

 超えて行け そこを

 超えて行け それを

 

 今はまだ 人生を 人生を語らず

 

( 「人生を語らず」作詞・作曲:吉田拓郎  )

 

 注 : 拓郎の実際の歌詩は、「越えて行け」だったけど、

     今の気分は、「超えて行け」なので、こちらの字を使いました。

 

 

 

2011年6月25日 (土)

愛を表現する

20110612leica_4

☆LEICA M6 + M-ROKKOR 40mm F2

 

 自分の中心とつながり、

 自分の想いを語る。

 

 それは、愛を表現する言葉となる。

 

 

 

2011年6月24日 (金)

変顔増殖中…

20110612leicatomoko

☆LEICA M6 + M-ROKKOR 40mm F2

 

ポーズが決まっていますね…

 

20110612leicatomoko2

 

でも、こっちの方が断然楽しい~

 

20110612leicahisayoto

 

みんなでやれば、もっと楽しい~

 

 

 

2011年6月23日 (木)

明るい未来

20110612leica_2

☆LEICA M6 + M-ROKKOR 40mm F2

 

 視線の先には、

 愛に満ちた、

 明るい未来がある。

 

 

 

2011年6月22日 (水)

全く新しいこと

20110612leica

☆LEICA M6+M-ROKKOR 40mm F2

 

 ここで話されていることは、

 全く新しいこと。

 

 頭で考えても分からない。

 

 自分の中心に意識を合わせて、

 自分の中をじっと観る。

 

 

 

2011年6月19日 (日)

LEICAで写真を撮る人

20110529leica_2

☆LEICA M6 +ELMAR50mmF3.5 にて撮影

 

 LEICAで写真を撮る人

 何故か、演武服…

 

 

 

2011年6月18日 (土)

リズムに乗るぜ!

20110529leica

☆LEICA M6+ELMAR50mmF3.5にて撮影

 

 

 相手のリズムに合わせようとすると、

 なかなかうまく行かない。

 

 自分の中心に意識を合わせると、

 不思議と相手ともリズムが合って来る。

 

 

 

2011年6月16日 (木)

次の扉

2011_06_09_eos5dm2_00598

 ☆我が家の庭の柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)

 

 

 「自分の価値観に合わないものを否定する自分」に気付いた後は、

 意識的になり、

 そのことにおいて、無意識の言動はなくなったけれど、

 

 いったいこれはどこから来るのだろうと、

 自分の中を観ている。

 

 

 このこともそうだけれど、

 自分の現実に現われてくる種々のことは、

 きっと根っこは同じなのだろう。

 

 なんだかパズルのようだ。

 

 次の扉が開いて、

 謎が解けるのを注意深く待っている。

 

 

 

2011年6月15日 (水)

大きな気付きをありがとう!

2011_06_13_eos5dm2_00676

☆我が家の庭の額紫陽花(ガクアジサイ)

 雨上がり、サーっと日が射してきた時、

 紫陽花の花弁が繊細なガラス細工のように輝いた…

 

 

 6月6日(月)、リウマチが再発した友人のHちゃんが、

 みっちー先生&MIEKOちゃんの個人セッションを受けることになり、

 私も同席させてもらった時のこと、

 

 友人が、

 この5年間フォローしてきた私のことを、

 あまりにも言いたい放題に言うので、

 

 (勉強のため同席させてもらった手前、

  私は一切反論せずに黙って聞いていたけれど、)

 

 私の心は、

 怒りと、

 悲しみと、

 孤独感でいっぱいになってしまった。

 

 帰りの食事の時、

 みっちー先生に

 「自分の価値観に合わないものを否定していないか」

 と言われても、分からなかった。

 

 

 翌日の夜になっても、すっきりしなかったので、

 みっちー先生に電話をした。

 

 「どの視点に立って見ているか」と言われて、

 今の感情は、

 思いっきり第三密度の視点から来ていると気付いた。

 

 そう気付いたところで、

 みっちー先生の言っていたこと、

 「自分の価値観に合わないものを否定していないか」の意味が

 漸く分かった。

 

 

 私は、

 本質的なところが変われば、

 身体は変わると思っているので、

 友人が自分の選択で、どの治療法を選ぼうが、

 西洋医学を選ぼうが、

 方法論にはこだわっていない。

 

 私は西洋医学を否定していたのではなく、

 もっと深いところで、

 私の言っていることを理解しない友人を否定していた。

 

 否定の入った発言は、

 相手の反発を招き、

 当然相手の心には入って行かない。

 

 私のこの否定性が、

 反発を招き、

 友人の言いたい放題の発言を招いた。

 

 自分の現実は自分が創っている。

 

 確かに、今までも、無意識に、

 「自分の価値観に合わないものを否定する」自分がいた。

 そこから創られる現実は、反発と対立だった。

 

 気付いた所から、

 今までの自分の現実の謎が解け、

 新しい自分の道が開けた。

 

 大きな気付きに感謝!

 ありがとう、みっちー先生&MIEKOちゃん。

 

 ありがとう、Hちゃん。

 

 Hちゃんが、

 自分の中にある熱き想いを信じ、

 愛を信じ、

 存分に自分を表現する日が来ることを、

 祈っています。

 

 

 

2011年6月14日 (火)

幸せが怖い…

2011_06_13_eos5dm2_00636_2

☆我が家の庭に咲いた山紫陽花、「紅・くれない」

  咲き始めは白、少しずつ紅色に染まってくる…

 

 

 文章を書き始めて、

 二作目にして地方新聞の随筆部門で一等賞を獲得、 

 

 その後、嬉々として小説を書き始めた友人は、

 キーボードを叩く指関節の炎症から始まり、

 またリウマチが再発した。

 

 みっちー先生&MIEKOちゃんの個人セッション

 受けることになり、

 私も同席させてもらった。

 

 彼女が

 個人セッションの内容をどこまで理解し、

 どう受け取り、 何を選択するか、

 それは私には分からないが、

 

 自分の夢が叶い、

 幸せが目の前にやって来ると、

 人は恐れを感じ、

 また慣れ親しんだ所に逆戻りしようとする。

 

 そのためのリウマチの再発だと感じた。

 

 愛を受け取ることも、

 幸せになることも、

 怖い。

 

 自分にはそんな価値がないと思うから…

 

 新しい世界は、

 自分の価値を認めて、

 愛を受け取る、

 愛で繋がる、

 そこから始まる。

 

 

 

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

フォト

FILM写真

  • 20130910200010028
    2011年5月21日(土)「LEICA M6」 を購入。その後「ROLLEICORD Ⅴ」、「LEICA Ⅲf」、「LEICA M3」を購入。フィルム写真を楽しんでいます。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my worldー風景&HANAー

  • 2014_11_27_eos5dm2_
    「Lumix LX1」、「EOS Kiss X3」、「EOS 5DMⅡ」、「EOS 7D」で、切り取った風景、花。 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my world -定春&豆子-

  • 2013_10_07_eos5dm2_08
    我が家のチワワ定春(♂)&豆子(♀)の写真 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

粘土細工

  • 2013061213_2
    こどもの頃のどろだんご作りを思い出しながら、アニメーション粘土を使って作りました。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ