« 島時間 | トップページ | 自分の現実は、自分が創っている »

2010年12月10日 (金)

場を開くもの

2010_11_21_eos5dm_02426

直島・李禹煥美術館入り口の作品

コンクリートの柱と石(柱の左側に写っている茶色い石)

 

「石や鉄板は、輪郭のあるオブジェではなく、場を開くもの」と

定義する李氏。

 

石や鉄板の中に見えてくるもの、

そこに新たな場(世界)が開く…

 

美術館内の李氏の他の作品群にも、

禅の世界を感じた。

 

 

 

« 島時間 | トップページ | 自分の現実は、自分が創っている »

2010年11月 瀬戸内・高松・京都」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 場を開くもの:

« 島時間 | トップページ | 自分の現実は、自分が創っている »

フォト

FILM写真

  • 20130910200010028
    2011年5月21日(土)「LEICA M6」 を購入。その後「ROLLEICORD Ⅴ」、「LEICA Ⅲf」、「LEICA M3」を購入。フィルム写真を楽しんでいます。COPYRIGHT(C) 2000-2020 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my worldー風景&HANAー

  • 2014_11_27_eos5dm2_
    「Lumix LX1」、「EOS Kiss X3」、「EOS 5DMⅡ」、「EOS 7D」で、切り取った風景、花。 COPYRIGHT(C) 2000-2020 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my world -定春&豆子-

  • 2013_10_07_eos5dm2_08
    我が家のチワワ定春([E:#x2642])&豆子([E:#x2640])の写真 COPYRIGHT(C) 2000-2020 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ