« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

はっぴーな後日談

2010_12_27_eos5dm_03693_2    

  ★娘の誕生日&クリスマスには、手造りのケーキを作りました。

   見栄えは悪いけど、イチゴがいっぱいで美味しかったですよ。

   「荻窪ぐるっぺ」さんの無農薬イチゴ、とっても甘くておいしい…

 

 

さて、ピアスを無くした件には、はっぴーな後日談が…

 

特別に激しく動いたわけでもなく、

何処かに引っかけたわけでもなく、

知らないうちに外れてしまったピアス。

 

購入先のTデパートに、

構造上問題はなかったかどうかを

問い合わせたところ、

 

30日に電話が来て、

返品交換に応じて下さるとのこと。

(紛失した分も含めて1セットを交換)

 

娘は、年末は仕事が忙しいので、

ピアスを見に行くのは、

年明けになるけど、良かったね。

 

結果的に、

とってもはっぴーな、

娘の誕生日&クリスマスでした。

 

もちろん、娘ばかりではなく、

私にとっても、大切な学びとなり、

素晴らしい1年の締めくくりとなりました。

 

バシャールに、

「すべての状況、すべての象徴というものは、

 本当は中立です。ー中略ー

 

 あなた自身がそれに意味を与えたものが、

 あなたに対しての意味となります。

 

 それに肯定的な意味を与えれば、

 肯定的な結果が出ます。

 

 否定的な意味を与えれば、

 否定的な結果が出ます。

 

 -中略ー

 

 自分自身でそれにどういう意味を与えたいのか

 ということを決断してください。」

 と、書いてありました。

 

 一見否定的に見える出来事に、

 肯定的な意味を与え、

 肯定的な結果が出た、

 そんな体験でした。

 

 来年も、全肯定のエネルギーで、

 生きていきます。

 

 お世話になった皆さま、

 ありがとうございました。

 どうぞ良いお年をお迎え下さい。

 

 

 

2010年12月30日 (木)

プレゼント

2010_12_27_eos5dm_03697_2  

娘の誕生日は、12月なので、

誕生祝いは、いつもクリスマスと一緒に祝う。

 

今までは、

簡単なプレゼントで済ませてきたが、

 

娘も25歳、

今年は、夫と二人でお金を出して、

37,000円也のピアスをプレゼントした。

リング状のピアス1セットと、ダイヤモンドの小さなピアス1個。

(耳にはピアスの穴を3個開けているので…)

 

さて、クリスマス当日のこと、

娘は、早速ピアスを着けて出勤。

 

帰宅後、娘は、ピアスを着けたのをまだ見ていなかった私に、

「ほら、いいでしょう!」と、耳を見せた。

 

ところが、

耳には、ピアスが片方しか着いていなかった…

娘は、

ピアスを落としたことに全く気付いていなかった。

 

私には、娘を責める気持ちはなかったけれど、

自分のがっかり感でいっぱいで、

娘の悲しい気持ちを汲んであげられなかった。

 

そして、お互い気持がしっくりせず、ケンカになって、

楽しくないクリスマスの晩になってしまった。

 

 

翌日のワークのみっちー先生の言葉で、

娘の悲しい気持ちを汲んであげられなかった自分に気付いて、

私は、娘に謝った。

 

相手の気持ちを思いやること、

私は、大切な気付きをプレゼントしてもらった…

 

 

 

2010年12月29日 (水)

三人娘?!

2010_12_26_eos5dm_03684_2

 

「自分が楽しいこと」をやる。

その時、人は本当に輝いているね。

 

 

 

2010年12月27日 (月)

たったそれだけだったけど…

2010_12_22_eos5dm_03543_2

 

 なんでもない風景が美しく思える。

 

 冬、

 寒い朝、

 

 ひかりの中で、

 草花が、 きもちよさそうに、

 ゆれていた。

 

 たったそれだけだったけど、

 とても美しいと思った…

 

 

 

2010年12月26日 (日)

すべてを包み込む温かさ

2010_12_12_eos5dm_03176_2

 ★寒桜、うすい花びらを通して透けてくるひかりが、なんとも言えず美しい…

 

 身体の気になるところに手を当てて、

 じっとそこを感じる誘導瞑想を行った。

 

 瞑想後、

 激しい生理痛で苦しんできた女性が、

 「子宮がとても温かくて、びっくりした。

 息子を、新しい命を、育んだ場所だったと改めて感じた」

 と言った時、

 

 私は、

 彼女が女性性の本質を感じ取ったと、

 理解した。

 

 すべてを包み込む温かさ、

 受容のエネルギー、

 これこそが女性性の本質。

 

 自分の身体が教えてくれたことは、

 どんな言葉より、 力強く、

 本質の理解に直結する。

 

 

********************

 

 「グループワーク JIGEN-自源ー」

  2011年1月30日(日)

  13時~16時

 

 

 

2010年12月25日 (土)

メリークリスマス!

2010_12_15_eos5dm_03263

 19歳でプロテスタントの洗礼を受け、

 38歳のときに、カトリックに改宗、

 あの頃は、自分を受け入れられなくて、

 とても苦しかったことを思い出す。

 

 教会に行かなくなって、

 何年くらい経つだろう…

 

 でも、今の方が、ずっと自由だ。

 どんな自分も受け入れ、

 自分を生きている。

  

 今の方が、

 イエスの言葉の意味が良くわかる。

 

 メリークリスマス!

 イエスの誕生は、新しい時代の幕開けだった。

 

 

 

2010年12月16日 (木)

新しいステージへ

2010_12_15_eos5dm_03269

リウマチだった友人から、しばらくぶりに電話が来た。

 

文章を書き始め、

二作目にして地方新聞の随筆部門で1等賞を獲得したとのこと、

今、文章を書くことが楽しくて仕方がないという。

 

リウマチはすっかり良くなり、

今は、自分がわくわくすることを始めた彼女、

「自分のアンテナが変わった」と、

電話口で楽しそうに話す。

 

新しいステージに進んだ彼女からのうれしい報告に、

私は、時代が明らかに新しいステージに移行しつつあることを実感し、

胸が熱くなった。

 

新しい時代の幕開けに相応しい、

友人からのうれしいニュースだった。

 

 

 

2010年12月15日 (水)

瀬戸の夕日

2010_11_21_eos5dm_02436_2

 

 直島・地中美術館から出てきたら、

 ちょうど夕日が瀬戸内海に沈むところだった。

 

 人間の表現は興味深く、

 潜在意識に潜むものを、

 取り出して見せてくれるような、

 忘れているものを思い出させてくれるような、

 そんな気付きがある。

 

 自然は、さらにダイナミックに、

 存在全体に語りかけてくる力強さがある。

  

 2010_11_21_eos5dm_02445

 

 

 

2010年12月14日 (火)

晩秋の水辺

2010_11_30_eos5dm_02910

 

 

 

2010年12月13日 (月)

西日に水染まる

2010_11_27_eos5dm_02745

 一服の掛け軸のような光景に

 うっとりと見入る。

 

 西日が水辺を染め、

 紅葉に鴛鴦二羽…

 

 四季折々の繊細な趣を感じる心は、

 日本人のDNAに深く刻まれているような気がする。

 

 

 

2010年12月12日 (日)

怒り

2010_11_20_eos5dm_02229

怒りは、実は、自分に対する怒りだと、

ある本で読んだ。

 

無力な自分に対する怒り、

何もない自分に対する怒り。

 

無力な自分を赦そう、

何もない自分を赦そう。

 

何もないことを認めた瞬間、

すべてがあることに気付く…

 

 

 

2010年12月11日 (土)

自分の現実は、自分が創っている

2010_12_01_eos5dm_02965

 

 「自分の現実は、自分が創っている」

 

 このことが、

 自分の中でとても鮮明になってきた。

 

 

 もう人の所為にはできない。

 被害者意識の中に閉じこもって

 拗ねていても何の解決にもならない。

 

 被害者と加害者、

 支配されたくないと支配したい、

 劣等感と優越感、

 卑屈と傲慢、

 すべてコインの表裏。

 

 表裏だと理解すれば、

 すみやかに手放せる。

 

 コインを手放し、

 ゲームをやめよう。

 

 

 自分の現実は、

 自分の選択で、 

 自分が創っている。 

 

 

 

*********************

 

 「グループワークJIGENー自源ー」

 12月23日(木)(祝日)

 13時~16時

 

 もう、コインを手放し、ゲームをやめて、

 かけがえのない自分を生きよう。

 ご参加お待ち致しております。

 

 

 

2010年12月10日 (金)

場を開くもの

2010_11_21_eos5dm_02426

直島・李禹煥美術館入り口の作品

コンクリートの柱と石(柱の左側に写っている茶色い石)

 

「石や鉄板は、輪郭のあるオブジェではなく、場を開くもの」と

定義する李氏。

 

石や鉄板の中に見えてくるもの、

そこに新たな場(世界)が開く…

 

美術館内の李氏の他の作品群にも、

禅の世界を感じた。

 

 

 

2010年12月 9日 (木)

島時間

2010_11_21_eos5dm_02376

 

  手書きの電球の下で、

  ねこがまったりとくつろぐ。

 

  ゆったりとした島時間がながれていく… 

 

 

2010年12月 8日 (水)

民家の中は海!

2010_11_21_eos5dm_02364

 直島・家プロジェクト、古民家を使った現代アート、

 

 家の中は、

 潜水艦が行き来きする深い海…

 

 発想は、まさに、こども。

 

 自由自在。

 

 わけのわからない常識で、 固定観念で、

 固まった大人の脳みそを、

 ほどよく解きほぐしてくれます。

 

 子供の頃の空想癖が、

 またまた復活してきそう…

 

 

 

2010年12月 7日 (火)

積み上げる

2010_11_20_eos5dm_02184

 

  石の産地として有名な豊島・唐櫃の石塀、 

  島の歴史を静かに物語る…

 

 

 

2010年12月 6日 (月)

循環

2010_11_20_eos5dm_02211_3

 

 花が咲き、

 種が出来る。

 

2010_11_20_eos5dm_02206

 

 種が落ち、 

 新たに、たくさんの花が咲く… 

 

 

2010年12月 5日 (日)

新しい世界の気配

2010_11_23_eos5dm_02512_2     

  気付けば、

  新しい世界の気配は、

  そこここに感じ取れる。

 

  ほら、ここからも、

  ひかりが見える。

 

 

 

2010年12月 4日 (土)

ひかりがあふれていた

2010_11_20_eos5dm_02195

豊島は、その名の通り、

 

豊かなひかりがあふれていた…

 

2010_11_20_eos5dm_02204

 

 

 

2010年12月 3日 (金)

人間を形作る元素

2010_11_20_eos5dm_02141

この奇妙な白い物体は、森万理子さんの作品。

 

作品とスーパーカミオカンデをコンピューターで結び、

超新星が爆発すると、光を放つ。

 

残念ながら、その光は弱く、

周囲が暗くならないとはっきり分からない。

 

トムナフーリ、

古代ケルトにおける霊魂転生の場を表現したとか…

 

スーパーカミオカンデは、

ノーベル賞受賞者・小柴昌俊氏のカミオカンデと同じ原理で、

さらに大きく高性能化されたもの。

 

「超新星は、

重い元素を生成するのに極めて重要な役割を果たしているため、

我々を形作る元素がどのように生成されてきたかを理解するのに重要な研究」

らしい…

 

我々を形作る元素と宇宙の関係、

それを霊魂転生と結び付けた現代アート作品、

その着想は、なかなか興味深い…

 

 

 

2010年12月 2日 (木)

島キッチン

2010_11_20_eos5dm_02183

 

 食とアートで人々をつなぐというコンセプトの豊島の島キッチン

 

 豊島産の魚や野菜を使った、 

 キーマカレー、あら汁、サラダのセットは、

 とても美味しかったけど、

 

 東京の味がした…

 

 

2010_11_20_eos5dm_02180

 

 

 

2010年12月 1日 (水)

唐櫃の清水

2010_11_20_eos5dm_02161  

   豊島・唐櫃の清水

 

   嘗て、島の豊かさの象徴だった湧水…

 

 

 

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

フォト

FILM写真

  • 20130910200010028
    2011年5月21日(土)「LEICA M6」 を購入。その後「ROLLEICORD Ⅴ」、「LEICA Ⅲf」、「LEICA M3」を購入。フィルム写真を楽しんでいます。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my worldー風景&HANAー

  • 2014_11_27_eos5dm2_
    「Lumix LX1」、「EOS Kiss X3」、「EOS 5DMⅡ」、「EOS 7D」で、切り取った風景、花。 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my world -定春&豆子-

  • 2013_10_07_eos5dm2_08
    我が家のチワワ定春(♂)&豆子(♀)の写真 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

粘土細工

  • 2013061213_2
    こどもの頃のどろだんご作りを思い出しながら、アニメーション粘土を使って作りました。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ