« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

夏バテ知らず

2010_08_26_eoskx3_03875_2

 

ダイニングテーブルの下で、

最高の笑顔で、おりこうにお座りして、

じっと見つめている定春くん。

 

こんな眼差しで、じっと見つめられたら、

もうタマリマセン!

 

ついつい食べ物をあげてしまう…

 

夏も食欲が落ちることなく、

夏バテ知らずの定春くん。

 

ちょっと、ダイエットしなくちゃね…

 

 

 

2010年8月27日 (金)

私のことを分かってほしい

2010_07_13_eoskx3_03309_2

★ポーズを決めるエゾリスくん

 

 

私のことを、

分かってほしい…

 

そんな願いが人一倍強かった私は、

人の話が聞けなかった。

 

どんなに言葉を尽くして話しても、

それは違う、こうなんだと、

言いたかったから…

 

 

でも、今は分かる。

 

自分で自分の心の声を聞かなかったから、

自分で自分のことを分かっていなかったから、

人に分かってほしいと、強く思ったんだと…

 

自分の心の声を聞き、

どんな自分も好奇心をもって、観る。

どんな自分も認め、受け入れていく。

 

そうしたら、

自分を知ることが楽しくなった。

 

自分のことを、

人に分かってほしいと、

あまり思わなくなった。

 

人の話も、

心で聞けるようになった。

 

 

だから、あなたの

「私のことを分かってほしい」という気持ちも良く分かる。

 

自分で自分を知ることなしには、

その気持ちは、ずっと満たされることはないことも…

 

自分で自分を愛することなしには、

この心の空洞が、満たされることはないことも…

 

今は、良く分かる。

 

 

 

********************

 

自分の心と向き合い、

どんな自分も認め受け入れていくと、

 

あら不思議、心は満たされ、愛に満ちてくる。

エネルギーが満ちてくる。

生きる力が湧いてくる。

 

あなたも「グループワーク自源ーJIGENー」で、

こんな体験をしてみませんか?

 

グループワーク自源ーJIGEN-

     ―第4回―

    9月26日(日)

    13時~16時

 

 

 

2010年8月26日 (木)

北アルプス 五色が原

2010_08_08_eoskx3_03762

★鳶山から五色が原を望む

 画面中央右寄りに小さく五色が原山荘の赤い屋根が見える。

 山荘の周辺が五色が原。

 

 私たちは、8月6日(金)に折立から入り、

 薬師岳、北薬師岳、間山、越中沢岳と歩いて、

 8月8日(日)に、五色が原に来た。

 

 ここ五色が原は、2週間前までは、雪に覆われていたそうな。

 私たちが泊まったときには、まだ花はあったものの、

 もうすでに最盛期を過ぎ、秋の気配だった。

 

 山の夏は短い。

 

 今回ライチョウには会えなかったが、

 岩ヒバリが、ペアリングの時期を迎えており、

 そこかしこで、見られた。

 

 ホシガラスも間近で見られて、感激。

 (写真を撮ることはできなかった。残念!)

 

 長い冬を耐え、 

 短い夏に生命が一気に躍動する。

 

 そして、あっという間に秋を迎える。

 

 20100809p1170232

★チングルマは、白い花弁を落とし、綿毛になっているものが多かった。

 

20100807p1170100

★イワキキョウ

 

20100809p117024

★ミヤマリンドウ

 

20100809p1170211

★トリカブト

 

 秋には、紫色の花が良く似合う。

 

 

 

2010年8月20日 (金)

北アルプス 薬師岳(2,926m)縦走

2010_08_07_eoskx3_

★早朝、太郎平から薬師岳を望む。

  この堂々たる薬師岳を、前夜発3泊4日で、

  折立~薬師岳~北薬師岳~五色が原~室堂へと縦走した。

 

 

8月5日(木)の夜行バスで、翌朝富山に到着。

8月6日(金)富山駅からさらにバスで3時間、折立に到着。

 

折立から太郎平まで、4時間半登る。

暑い、汗が滴り落ちる。

 

太郎小屋まであと少しというところで、

激しい夕立で、雨具を着用するも、

衣服は、汗と雨でびしょぬれになる。

 

それでも、小屋にたどりつけば、天国で、

ビールで乾杯!

 

20100807p1170125_e_2

8月7日(土)、ちょうど薬師岳頂上に到着した9時半頃には、

雲が発生して、頂上からは何も見えず。

北薬師岳あたりまで来たときに、ガスの切れ間に薬師岳の頂上が見えた。

(写真の右後方の尖った所が薬師岳頂上。)

 

太平洋から吹き付ける湿った風が、

北アルプス・薬師岳の稜線にぶつかり、

雲になる。

 

冬は反対に、日本海から吹き付ける湿った風が、

薬師岳の稜線にぶつかり、

雪になる。

 

2010_08_08_eoskx3_

8月8日(日)は、晴れたが、やっぱり、薬師岳のあたりには、

ガスが発生している。

 

後方に見える左が薬師岳、右が北薬師岳。

 

薬師岳の後ろ側から、稜線をずっと歩いて、

ここ(鳶山)まで来た。

 

20100809p1170223

8月9日(月)、今日は、薬師岳(後方左)と北薬師(後方右)が良く見える。

右手前が鳶山。鳶山の手前の赤い屋根が五色が原山荘。

 

一昨日登った山が、辿って来た道が、

ずーっと見える。

 

いつも思う。

一歩一歩の偉大さを。

 

一歩の歩みは本当に小さいけれど、

一歩一歩、歩き続けることで、

こんなにも遠くまで歩いてきた。

20100809p1170243

室堂に下山する前に、ちょこっと突き出た龍王岳(2,872m)に登る。

 

頂上にはだれも居らず、360度の大展望を独り占め。

(同行の人は下で休んでいて登らなかった。)

吹く風がとても心地良い。

 

大自然の真っただ中、

大自然のエネルギーが満ちている。

私の中にも、エネルギーが満ちてくる。

 

右後方に見えるのが、映画「剱岳 点の記」の、剱岳。

次は、剱岳に登ろう。 

 

 

 

2010年8月 4日 (水)

朝露

2010_07_19_eoskx3_03594

少し早く起きた朝、

野の草についた朝露が、朝日に輝いていた。

 

北海道の山も、釧路湿原も、釧路川源流も、

青鷺も、カワセミも、

それはそれは美しかったけど、

 

ほら、こんなに身近な、小さなところにも、

こんなに美しいものがある。

 

大切なのは、感動する柔らかいこころ…

 

2010_07_18_eoskx3_03558_2

 

 

 

2010年8月 1日 (日)

屈斜路湖・和琴半島

2010_07_14_eoskx3_03486

釧路川源流を美留和橋まで下った後、

屈斜路湖畔で、朝食。

 

作田さんの奥さんの手造りサンドイッチと野菜スープは、

こだわりのベーコンや野菜を使っており、

とても美味しかった。

2010_07_14_eoskx3_03491

朝食後は、カヌーで和琴半島を周った。

写真右の木がこんもりと茂った処が、和琴半島。

2010_07_14_eoskx3_03520

和琴半島の裏側には、オヤコツという温泉が噴き出す場所があり、

ここで、ゆで卵をして、食べた。

なかなかのお味でした。

(写真右上に見える煙が、オヤコツの水蒸気。)

2010_07_14_eoskx3_03540

和琴半島の木々の緑もとてもきれいだった。

これが秋には、紅葉で、赤や黄色に染まるとか…

秋の光景も見てみたい…

 

 

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

フォト

FILM写真

  • 20130910200010028
    2011年5月21日(土)「LEICA M6」 を購入。その後「ROLLEICORD Ⅴ」、「LEICA Ⅲf」、「LEICA M3」を購入。フィルム写真を楽しんでいます。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my worldー風景&HANAー

  • 2014_11_27_eos5dm2_
    「Lumix LX1」、「EOS Kiss X3」、「EOS 5DMⅡ」、「EOS 7D」で、切り取った風景、花。 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my world -定春&豆子-

  • 2013_10_07_eos5dm2_08
    我が家のチワワ定春(♂)&豆子(♀)の写真 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

粘土細工

  • 2013061213_2
    こどもの頃のどろだんご作りを思い出しながら、アニメーション粘土を使って作りました。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ