« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月21日 (月)

幸せな人生ってなんだろう?

2009_09_17_eoskx3_3535

★この招き猫は、手が動く猫でした…

 

 

  幸せな人生ってなんだろう?

 

  自分を全肯定して生きる人生だと思う。

 

 

2009年9月20日 (日)

こっちにおいでよ

2009_08_18_eoskx3_2440

★こっちにおいでよ、楽しいよ。

 

 

 自分の否定性を受け入れたら、

 あら不思議、

 エネルギーが湧いてくる…

 

 どんな自分もOKとなったら、

 なんて自由なんだろう。

 

 思い通りに生きていい。

 

 自分には能力がない、

 自分には出来ない、

 そんなふうに諦めなくていい。

 

 現実は自分で創造できる。

 

 軸足を、

 否定から、

 肯定に移して行こう。

 

 

2009年9月19日 (土)

お杉

2009_09_18_eoskx3_3557

 

 9月15日火曜日、NHKの番組「プロフェッショナル・仕事の流儀」で、「バガボンド」の作者、井上雄彦氏を取り上げていた。

 

 「バガボンド」がいよいよ最終章を迎え、それぞれの登場人物の人生をどう決着させるか苦悩する井上氏の姿を1年間密着して記録した貴重な映像。

 井上氏は、作品の中で生きているキャラクターと、とことん誠実に向き合い、まるでそのキャラクターが乗り移ったかのような顔で仕事に打ち込む。

 

 「バガボンド31巻」が9月3日にちょうど発売になり、今、読んだばかりのところの制作過程の映像だったので、とても興味深かった。

 「武蔵の顔はまだ十分に納得できる仕上がりではない」と言っていたが、憎しみに生きてきたお杉の最後の顔を、井上氏は徹夜で仕上げ、「納得のいく顔が描けた」と、清々しい表情をしてカメラマンに向かって答えていた。

 

 

 31巻では、お杉の人生が語られる。そこには精一杯生きたお杉の人生があった。

 夫に先立たれ、子供のないお杉は、本位田の血を絶やさないために村娘から赤子を貰い受け、末広がりで未来が広がるようにと「又八」と名付け育てる。

 

 又八が自らの弱さを認め、泣き叫ぶと、

 「よう言うた、又八
 弱い者は己を弱いとは言わん
 おぬしはもう弱い者じゃない」

 又八の弱さを受け入れたお杉は、それによって自分の人生も許し受け入れる。

 

 お杉は、背負われた又八の背中で、故郷に着いた幻を見る。

 「ただいま帰りましたぞい」

 お杉は、憎しみから解き放たれ、
 なんとも清々しい顔で死を迎える…

 

 

 自分の人生を許し受け入れたら、とても楽になる。
 すべてこれで良かったのだと、こころから思える…
 
 
 どんな自分も、
 どこまでも認め受け入れていく。

 自分の否定性を受け入れたとき、
 全肯定のエネルギーが湧いてくる。

 

 

2009年9月13日 (日)

2009_09_10_eoskx3_3109

 

 

2009年9月12日 (土)

歌舞伎座

2009_08_28_eoskx3_2715

歌舞伎好きの知人から、東銀座にある築84年(改修後58年)の歌舞伎座が取り壊され、建て替えられると聞いた。

 

近代的なビルになるらしい…

当初の予定では、外観を忠実に再現する方針だったらしいが、

「銭湯みたい」との石原都知事の物言いで、計画変更になったとか…

 

歴史的な建物がどんどん取り壊されるのは、なんだかさみしい…

 

 

2009年9月11日 (金)

友の手

2009_08_14_eoskx3_2384

 

 

 お盆に帰省した折に、友と会った。

 二年ぶりの再会…

 

 リウマチは、すっかり良くなり、リハビリも順調に進んでいる。
 まだ長い時間は無理だが歩けるようになり、家事もこなせる様になった。

 

 二年前は、車椅子に座ったままで、立ち上がることさえ困難だった。手の筋力も衰え、手を動かそうとすると、手が震えていた。

 

 リウマチは痛くて辛かったが、その経験を通して、彼女の魂が得たものは、とても大きい。話していて、それがとても良く分る。

 

 まだ、ぐっと最後までしっかり握れないと言いつつも、帰り際、握手をした彼女の手は、とても力強かった。

 

2009_08_14_eoskx3_2395

★友人の愛猫、そら君

 

 

2009年9月 3日 (木)

分離が生む「ねじれ」

2009_09_03_eoskx3_2756

★ガラスの城

 

 

 「1Q84」、文庫本が出るまで待とうと思ったが、待ち切れずに、買って読んだ。

 

 

 リトルピープルが「空気さなぎ」を作る。

 「空気さなぎ」からは、

 マザの心の影ドウタ=パシヴァperceiver…「知覚するもの」が生まれ出て、

 マザ=レシヴァreceiver…「受け入れるもの」と分離する。

 そして、

 月は二つになる…

 分離し、ねじれた世界、1Q84年…

 

 

 リトルピープルは、心の奥底に潜むもの、

 私の中にもリトルピープルはいる。

 リトルピープルが作り出す「空気さなぎ」は、無意識の領域で育つ。

 分離が生む「ねじれ」…

 

 「知覚するもの」と「受け入れるもの」が、私の中で統合された時、

 私は私として、ここにいる…

 ここは、私の2009年9月…

 

 

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

フォト

FILM写真

  • 20130910200010028
    2011年5月21日(土)「LEICA M6」 を購入。その後「ROLLEICORD Ⅴ」、「LEICA Ⅲf」、「LEICA M3」を購入。フィルム写真を楽しんでいます。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my worldー風景&HANAー

  • 2014_11_27_eos5dm2_
    「Lumix LX1」、「EOS Kiss X3」、「EOS 5DMⅡ」、「EOS 7D」で、切り取った風景、花。 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my world -定春&豆子-

  • 2013_10_07_eos5dm2_08
    我が家のチワワ定春(♂)&豆子(♀)の写真 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

粘土細工

  • 2013061213_2
    こどもの頃のどろだんご作りを思い出しながら、アニメーション粘土を使って作りました。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ