« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月24日 (金)

人生は冒険だ

20090412

★奥多摩の杉植林。(412日川苔山にて撮影)

 杉の植林は、暗くて嫌いだったが、

 春の木漏れ日で霞がかった杉植林は、

 何とも言えずいい感じだった。

 

 

 「坂下メソッド・自分力教室 東京momoクラス」

 4月20日(月) 第2回 月曜クラス―その4-

 

 

 子供の頃、冒険家になりたかった。

 山をやっているのも、そんな気持ちの名残だった。

 人生も半ばを過ぎ、「もう冒険家なんてむりだなぁ」と思うと、

 何だか少し寂しくなった。

 

 

 ところが、先日の名古屋クラスに研修で参加したときのこと、

 「人生は、冒険です」と、言われ、ハッとした。

 

 

 そして、第2回月曜クラスでも、人生の選択の瞑想で、

 

 私の目の前に出てきた二つのドアを開けると、

 ひとつは、「明るくて平坦な道」が続き、

 もうひとつは、「鬱蒼としたジャングル」

 

 私は、「ジャングル」を選んだ。

 なぜなら、そちらの方がわくわくするから…

 

 「ジャングル」の奥には、

 清水が滾々と湧出る素晴らしい泉があり、

 湖があり、大きな滝もあった。

 

 

 あー人生はやっぱり冒険だ。

 

 私は、「明るくて平坦な道」より、

 わくわくする「ジャングル」を選ぶ。

 

 

 

********************

 

 

★「坂下メソッド・自分力教室 東京momoクラス

 

*「第5回 日曜クラス」

 524日(日) 12時~17

 

*「第3回 月曜クラス」

 525日(月) 12時~17

 

 

★参加ご希望の方は、メールまたは、

 お電話(03-3220-1515 静和漢方薬局)にてお申し込み下さい。

2009年4月23日 (木)

存在

20090420

★ほころびはじめた白ばら一輪…

 

 

 

 

「坂下メソッド・自分力教室 東京momoクラス」

 4月20日(月) 第2回 月曜クラス―その3-

 

 

 「誇り高く生きる」の記事でも書いたが、

 私は、どれくらい「自分の絶対的な価値」が分かっているだろうか?

 それは、どうにも心もとないくらいだ。

 

 

 そこで、もう一度、坂下先生に聞いた。

 

「ここに存在している = 神性に認められている

 認められている = 愛されている

 

 価値があるから、ここに存在している。

 存在していること自体が価値。

 

 無条件の愛とは、

 ここに存在していること、ただそれだけ

 

 存在するすべてが愛。

 

 存在 = 愛されている

 

 存在しているだけでいい。

 存在しているだけで愛されている。

 

 この存在を謳歌する。

 苦しみも、悲しみも、宇宙の大きな意思の中にある。

 すべてが調和の中にある。

 ただそれを理解するだけでいい。

 

 

 そうなると、何かをするとか関係なくなる。

 どれだけ、楽しさになりきれるか、

 そして、結果は期待しない。

 

 今、あることを楽しむ。」

 

 

 

「存在していること、そのままが表現。

 

 自分は、存在していることで、

 常に、自分を表現している。

 

 だから、特別に何かをすることではない。

 

 これが、分かったら、リラックスして表現できる。」

 

 

 

 

 この坂下先生の言葉を、頭の理解ではなく、

 心から、これを感じるためには、

 

 

「自分を感じ、そのままの自分を受け入れる」

 これを、日常の中で実践していくしかない。

 

 

 宇宙が認め受け入れている自分の存在を

 否定しているのは、

 

 他ならぬ自分自身だから…

 

 

 

 419日(土)朝日新聞朝刊の天声人語欄に、

 イチローの言葉が書いてあった。

 

 

「小さなことを積み重ねるのが、

 とんでもないところへ行く

 ただひとつの道と思う」

 

 

 

 

 

 -その4-につづく…

 

 

 

 

 

2009年4月22日 (水)

愛への最短距離

20090415_2

★りんごの花ほころび 川面にかすみたち

 君なき里にも 春は忍び寄りぬ…

(「カチューシャ」作詞 イサコフスキー、訳詞 関 鑑子

 

 

 

 

 

「坂下メソッド・自分力教室 東京momoクラス」

 4月20日(月) 第2回 月曜クラス―その2-

 

 

「恨みとして、表現されているものの根っこには、愛がある。

 

 愛が根っこにあることを知れば、

 恨みを感じきることは怖くない。

 

 恨みを感じきるということは、

 恨んでいる自分を認め受け入れることと同じ。

 

 愛を前提に恨みを感じきると、最後には、愛を感じる。

 否定性を認め受け入れることが、愛への最短距離。

 

 自分の中の恨み、憎しみ、ねたみなどの

 否定的感情を認め受け入れることで、

 人を愛することができる。」

 

by 坂下先生)

 

 

「母親を恨んでいる自分」を否定していたKさんは、

恨みを感じきることで、愛を感じ、

悲しみと共に、自分を許し、母親を許した。

 

 

 私も、かつては、父親を恨んでいた。

 私は、自分の息子にも同じようなことをした。

 息子も私を恨んでいるだろう。

 

 でも、今は、私は、自分を許し、父親を許した。

 そして、今は、悲しみの中に愛を感じることができる。

 

 

 

 ―その3-につづく…

 

 

 

 

2009年4月21日 (火)

初心

200904152_4

★青空にピンクのハナミズキが映える…

 

 

 

 

 「坂下メソッド・自分力教室 東京momoクラス」

 4月20日(月) 第2回 月曜クラス -その1-

 

 

 昨日の宿題のことを聞かれると思いきや、いきなり、個人セッションの訓練が始まった。

 

 Kさんの言葉を丁寧に聴き、Kさんの心を感じ、自分の話していることを意識して言葉を返した。しかし、そこにのみ集中しているだけではだめで、どこに持って行くか、行き先をきちんと見極めて行かなければならない。

 

 Kさんの感じていることや言葉に集中しながらも、行き先を見極めて行かなければ、クライアントと一緒に迷子になってしまう。

 

 日常の中で、自分を深く見る作業の積み重ねで始めて、行き先を見極める回路が開かれて来るという。

 

 

 自分を知らなければ、他者の気付きをフォローすることなど、とても出来ない。

 本当に日常の大切さを痛感した。

 

 

 「日常の中で、いつも自分を感じて、自分を知る」ということは、本来は、誰にとっても、生きていく上で、当たり前のことなのに、いつの間にか失われてしまった。

 

 失われてしまったものを取り戻すためには、日常で、しつこいくらいに真剣に自分を感じる必要がある。

 

 また、初心に戻って、始めよう。

 どこまで行っても、この基本の大切さは、変わらない。

 

 

 ―その2―につづく…

 

 

 

 

 

2009年4月19日 (日)

「坂下メソッド・自分力教室 東京momoクラス」 第4回 日曜クラス

200904152

 

 つつじ燃える…

 たくさんの花と出会える春、定春&豆子(チワワ)との散歩は、とても楽しい。

 

 

 

 今日、419日(日)は、「坂下メソッド・自分力教室 東京momoクラス」の第4回・日曜クラスだった。

 

 

 ダイナミックなパワーを持っているのに、こじんまりと纏まってしまっているようで気になっていたNさんが、パワーを抑えていた自分の中の否定性を認め、大きな一歩を踏み出したのが、今日は何よりうれしかった。

 

 

 今日の教室は、私自身にとっては「一山超えてまた一山」という感じで、日頃、自分自身を注意深く見ていないことが露呈してしまった。

 

 大きな事件を通して、そこで気付くと、気を緩めてしまって、また、自分を見ることから、注意が逸れていた。

 

 

 日常で、自分を感じ、どれだけ自分を見ているか、

 日常で、自分の言動をきちんと意識し、把握しているか。

 

 

「多くの人は、自分が何をしゃべっているか、実は、自分は知らない。

 気付くとは、自分に対して気付くということ。」

 (by 坂下先生)

 

 

 坂下先生からは、

「今から、明日の月曜クラスまで、徹底して自分を感じる。そして家族や人と話す時は、自分が何を話しているかをきちんと感じ意識して話すことをやる」という宿題を頂いた。

 

 

 これから、真剣に取り組みます。

 では、明日の月曜クラスにつづく…

 

 

 

2009年4月 9日 (木)

味わう

20090331

★自宅の近所に、白い花がたくさん咲いてみごとな大木がありました。

 桜の一種かと思いきや、なんと「スモモ」の木でした。

 

 

 

 坂下先生が、6kg痩せて、ご本人曰く、「ギリシャ彫刻のような体になった」そうだ。

 

 

 スリムになった方法は、「じっくり味わって食べる。」

 

 すると、「少しで満足し満腹感が得られるため、沢山食べることがなくなった。」

 

 その結果、「ギリシャ彫刻のような体になった」そうだ。

 

 

 

 私も、長年太ることなど心配したことがなかったくらいスリムだった体が、昨年辺りから加速度的に、お腹のハミニクが育って来たので、さすがに、このままの調子で行くと大変なことになると、危機感を持った。

 

 ここらで、真剣に取り組む必要がありそうだと、一念発起し、昨日から、食事を一口ずつ、真剣に味わっている。

 

 なるほど、いつもの3分の2位の量で満足している自分を発見。

 

 真剣に味わうと、五感をフルに使うことにもなる。

 

 これは、健康的に痩せるし、

 五感のフル稼働で、五感の感度もアップ、

 集中力も高まる。

 

 と、理屈で考える以上に、

 やってみて、もっと嬉しいことを発見した。

 

 

 一口一口、真剣に味わうことで、

 食べ物の美味しさが身に染みわたる…

 

 満たされている自分を感じ、

 とても幸せな自分が、

 そこにいた。

 

 

 さて、何ヵ月後かの自分が楽しみだ。

 ギリシャ彫刻のミロのビーナスのようになっているかも…?!

 

 

 

********************

 

 

★「坂下メソッド・自分力教室 東京momoクラス

 「―主催者からあなたへお伝えしたいことー」を変更しました。

 ご覧下さい。

 

*「第4回 日曜クラス」

 419日(日) 12時~17

 

*「第2回 月曜クラス」

 420日(月) 12時~17

 

 

★参加ご希望の方は、メールまたは、

 お電話(03-3220-1515 静和漢方薬局)にてお申し込み下さい。

 

 

 

2009年4月 7日 (火)

誇り高く生きる

20090331

★天に向かって堂々と咲くこぶしの中に、気高さを見た…

 

 

 

 

 

 私は、何もしなくても、何も出来なくても、

 ただここに存在するだけで、

 絶対的な価値がある。

 

 私は、自分の絶対的価値を

 ちゃんと分かっているだろうか?

 認めているだろうか?

 

 私の価値は、

 ちょっとの出来事で、

 すぐに揺らいでしまうような脆さだ。

 

 だから、

 何かをすることで、

 人より何かが出来ることで、

 自分の存在価値を証明しようと、もがく。

 

 それでは、苦しくなるばかりだ。

 

 そんなときは、

 自分の存在証明になっているものを、

 絶対手放したくないものを、

 手放そう。

 

 そうすれば、

 素の自分に戻ることができる。

 

 素の自分で、

 そのままで、

 私には、絶対的な価値がある。

 

 何の証明もいらない。

 

 

 

 潔く、手放して、

 歩み始めた勇気ある友に、

 心からのエールを送りたい。

 

 

 

********************

 

 

★「坂下メソッド・自分力教室 東京momoクラス

 

*「第4回 日曜クラス」

 419日(日) 12時~17

 

*「第2回 月曜クラス」

 420日(月) 12時~17

 

 

★参加ご希望の方は、メールまたは、

 お電話(03-3220-1515 静和漢方薬局)にてお申し込み下さい。

 

 

2009年4月 3日 (金)

これは生き方の問題だ

20090331

★しだれ桜の繊細な花びらに、うっとりと見入ってしまった。

 百花繚乱の春…

 起承転結の「起」が終わり、「承」の月に入った。

 さて、「起」を承ける次の時期にはどう行動するか。

 

 

 

 

 326日(木)から29日(日)まで、KA-WORK'SのKAWORIさんの主催する「坂下メソッド・自分力教室・名古屋クラス」に参加させて頂いた。

 

 

 主催者のKAWORIさんの真剣さに、圧倒された。(KAWORIさんのブログ

 

 

 この教室は、新しい知識を得る為の教室ではない。

 

 この教室は、新しい生き方を学ぶ場であり、

 自分が、日常の中で新しい生き方を選択し、

 行動しなければ意味がない。

 

 

 「自分の人生をどう生きたいか」の選択

 

 

 人生を諦めていないか

 自分を誤魔化していないか

 自分の本音をきちんと見て、自分を生きているだろうか

 

 

 

 木曜日、金曜日、日曜日と3回、グループワークに参加させて頂いたが、KAWORIさんの真剣さを反映して、皆さん真剣に取り組んでおられた。

 

 

「愛を基準に生きるか、

 愛のように見えるものを生きるか

 

 愛のように見えるものは、

 証明や条件が必要

 

 

 愛を基準に生きることを選択する

 それは、自分を愛すること

 

1、自分を感じる

2、そして、そのままの自分を認める

3、自分の好きなこと(ワクワクすること)をする

 

 これが自分を愛すること

 自分を満たすこと

 

 自分が満たされているとき、

 愛そのものの存在になっている。」

 ( by 坂下先生 )

 

 

 

 宿泊したホテルで、幸せな気持ちで目覚めた朝、

「自分が満たされているとき、

愛そのものの存在になっている」を、

存分に感じてみた。

 

 

 この状態が、愛そのものなのだと、実感した。

 

 

 まだまだ日常の中で色々な出来事があると、

 揺らいでしまう自分がいるが、

 その時は、この感覚を思い出そう。

 

 

 私たちは完璧なのに、「足らない」と、

 すぐに思い込んでしまうから…

 

 

 

*坂下先生、KAWORIさん、名古屋クラスの皆さん、

 素晴らしい学びのときを過ごさせて頂き、

 ありがとうございました。

*東京momoクラスも頑張ります!

 

 

********************

 

★「坂下メソッド・自分力教室 東京momoクラス

 

*「第4回 日曜クラス」

 419日(日) 12時~17

 

*「第2回 月曜クラス」

 420日(月) 12時~17

 

 

★参加ご希望の方は、メールまたは、

 お電話(03-3220-1515 静和漢方薬局)にてお申し込み下さい。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

フォト

FILM写真

  • 20130910200010028
    2011年5月21日(土)「LEICA M6」 を購入。その後「ROLLEICORD Ⅴ」、「LEICA Ⅲf」、「LEICA M3」を購入。フィルム写真を楽しんでいます。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my worldー風景&HANAー

  • 2014_11_27_eos5dm2_
    「Lumix LX1」、「EOS Kiss X3」、「EOS 5DMⅡ」、「EOS 7D」で、切り取った風景、花。 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my world -定春&豆子-

  • 2013_10_07_eos5dm2_08
    我が家のチワワ定春(♂)&豆子(♀)の写真 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

粘土細工

  • 2013061213_2
    こどもの頃のどろだんご作りを思い出しながら、アニメーション粘土を使って作りました。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ