« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

Oneness

20080915

★青森県・八甲田にて、赤く色づくナナカマド。

 

 

 

 926日(金)夜、牧野先生の瞑想シリーズクラスⅣが始まった。

 

「人類は一人、Oneness

 

 例えば、手の平を見たら、一つ

 指先を見たら、全部違う

 それと同じ。

 

 地球規模で、Onenessの体験が来ている。」

 

 これは、ミッチー先生の言う「全体の一部であり、個である」ということと同じだ。

 

 「Oneness」を体験している人が地球規模で出てきているという。

 地球規模、いや、宇宙規模で、大きくエネルギーが統合(ポジティヴ)に向かって動いている。

 

 わくわくする。

 

 この大きなエネルギーの波に乗って行こう!

 

 

 

********************

 

★「17回 自分力研究会in静和漢方薬局1020日(月)午後2時~5

 詳細は↑をクリックして下さい。

 Onenessの体験に向かって、エネルギッシュにポジティヴパワーで行きます。

 ご参加お待ちしています!

 

★「自分力研究会in静和漢方薬局」って、どんなことをやっているの?

 今までの「自分力研究会in静和漢方薬局」は、←をクリックして下さい。

2008年9月29日 (月)

第16回 自分力研究会in静和漢方薬局

20080913_2

★空(宇宙)に向かって、どこまでも伸びていく。

 

 

 

 922日(月)は、「第16回 自分力研究会in静和漢方薬局」だった。

 

 当日朝、参加予定のSさんから、また電話が入って、急用のため欠席するとのこと。なかなか参加が実現しないSさん。これもSさんが創っている現実。仕方ない…

 

 

 「第16回 自分力研究会in静和漢方薬局」は、さらに、エネルギッシュにポジティヴパワーで盛り上がった。

 

 Rさんは、新居で楽しく仕事をしている自分のイメージを感じて行ったら、新しい住まい探しは、単なる引越しではなく、自分が本当にやりたいことをやるための新しい出発であることに気付いた。

 

 自分の仕事に対する姿勢も、「この作品は、あっちにとっておこう。こっちは、これくらいの作品でいい」と、いつの間にか、自分の力を出し切っていなかったことにも気付いた。

 

 生きていること自体、変化なのだから、自分のわくわく感を大切に、その時、その時で、精一杯表現して行かなかったら、本当の自分の表現はできないし、取って置いたアイデアは、すぐに腐って行く。

 

 「坂下メソッド・自分力教室」でやった「結果があって、現実がある」(byミッチー先生)、これを体験するために、「イメージで先に新居の結果を創りだし、思ったとおりの新居が見つかる」これをゲーム感覚で、やってみることをRさんには、提案した。

 

 Rさんは、「今日も、来て良かった。本当にいろいろな気付きがあった」と喜んだ。さて、どんな新居が見つかるか、来月のRさんからの報告が楽しみだ。

 

 

 Kさんは、美大で日本刺繍を専攻した。その後、家庭内でいろいろ苦労があり、離れていたが、最近またやってみたい気持ちが強くなって来たという。

 

 日本刺繍や手芸などの表現の話になると、Kさんの顔はイキイキと輝き、力強いエネルギーを発する。これがKさんの本来持っているエネルギーなのだろう。

 

 ところが一方で、娘さんが「どうしても歯科矯正をする」というので、Kさんはそのことが引っ掛かっていて、気持ちが晴れない。

 

 そういうネガティヴな自分がいることを認めながらも、あえて、力強いエネルギーを産み出すことを選択してやって行くことで、そのKさんの力強いエネルギーが周囲(娘さん)を自然に変えて行くことをお話した。

 

 とにかく、躊躇せず、自分が本当にやりたいことをやるだけだ。

 

 

 

********************

 

★「17回 自分力研究会in静和漢方薬局1020日(月)午後2時~5

 詳細は↑をクリックして下さい。

 次回も益々、エネルギッシュにポジティヴパワーで行きます。

 ご参加お待ちしています!

 

★「自分力研究会in静和漢方薬局」って、どんなことをやっているの?

 今までの「自分力研究会in静和漢方薬局」は、←をクリックして下さい。

2008年9月28日 (日)

わくわくの真実

20080913

★今にも、金田一耕助が玄関口から現れて来そう…

 レトロな雰囲気の青森県・蔦温泉の玄関口。

 

 

 

 921日(日)は、「坂下メソッド・自分力教室

 「わくわく」の真実に、目からうろこ、深―く納得した。

 

「わくわくは、大いなるすべてと一体となっているときに感じる共鳴。

 

 わくわくすることだけをやっていて生活できるか、

 ここで恐れを感じるのは当たり前。

 これは、目に見えないものにたいする信頼を試されている。

 

 次の段階は、

 うまく行き過ぎて怖い、

 この怖さは、自分を消失するのではないかという恐れ。

 

 しかし、

 自分は『全体の一部であり、個である』というイメージを、

 しっかり掴めば、

 この恐れは、なくなる。

 

 わくわくは、全体と自分(個)が完全に調和している。

 

 わくわく感じる自分を許す。

 信じる。

 

 わくわくの波動は目に見えない部分で繋がっていて、

 目に見える部分(現実)が、偶然のように見えても、

 すべては、繋がっている。

 

 どんなに自分しかわくわくしていないように見えても、

 必ず余波が起こっている。」(byミッチー先生)

 

 

 

 世の中、いろいろなことを頭で難しく考えすぎて、

 行き詰っている人の何と多いことか…

 

 わくわくすることは、イケナイ

 そんなことして、ナンニナル

 難行苦行シナケレバナラナイ

 

 そんな固定観念に縛られて、

 苦しい人生を過ごすなんて、

 モッタイナイ!

 

 自分の人生は、自分で創造しよう!

 

 

 

*********************

 

★「17回 自分力研究会in静和漢方薬局1020日(月)午後2時~5

 詳細は↑をクリックして下さい。

 わくわくの波動で行きます。わくわくの波動に触れに来て下さい。

 ご参加お待ちしています!

★「自分力研究会in静和漢方薬局」って、どんなことをやっているの?

 今までの「自分力研究会in静和漢方薬局」は、←をクリックして下さい。

2008年9月27日 (土)

自分を知る

20080913_2

 

★いろんなことがあって、いつの間にか、こんな姿に…

 人生、いやちがった、木生だって、いろんなことがあるのさ…

 いろんな「かたち」を描きながら、空(宇宙)に向かって伸びていく。

 (青森県・蔦温泉付近のもみじ)

 

 

 

 

 今、このとき、この瞬間を

 充分に味わうことなく、

 過ごしていたら、

 何と、勿体無いことだろう…と、つくづくと想う。

 

 

 

 山に行っても、

 充分に山を味わうことなく、

 

 素晴らしい湿原を前にして、

 もう、次に行く山の話に夢中になっている

 

 

 今、このとき、この瞬間を

 充分に味わうことなく、

 もう、先のことに気持ちが行っている

 

 これでは、いつになっても、

 こころは、満たされず、

 気持ちは、焦るばかりだろう

 

 

 自分も嘗て、そうだった。

 

 

 絶えず行動していながら、

 いつも、焦っていた

 

 自分ではない自分を

 追い求めて

 いつも、焦っていた

 

 今、このとき、この瞬間を、

 充分に味わうことで、

 自分を取り戻すことができた

 

 自分を知ることができた

 

 

 

 嘗て、私が、ミッチー先生から教えてもらった

 「一日三回の食事を充分に味わうことから始める」を

 静和漢方薬局にいらっしゃる方にもお伝えしている

 

 

 実際トライしてみる人は、

 そこから多くの気付きを得る

 

「実際、やってみたら、なかなか難しいですね。

 食事していても、

 もう、すぐ、別なことを考えていたり、

 無意識に食べている自分がいました。

 

 日常の他のことも、

 これと同じように無意識に過ごしていたんですね。

 

 引き続き、真剣にトライしてみます。」

 

 

 一日三回の食事を充分に味わう、

 そして、充分に味わっているときの自分の気持ちを、

 自分に聞いてみる。

 

「今、どんな気持ち?」

 

 

 自分の気持ちを知る

 

 自分を知る

 

 それは、

 ちっとも難しいことじゃない。

 

 

********************

 

★「17回 自分力研究会in静和漢方薬局1020日(月)午後2時~5

 詳しくは、↑ここをクリックして下さい。

 ご参加お待ち致しております。

2008年9月26日 (金)

笹薮に覆われた別天地

20080913

★顔にまで掛かるほどに延びた笹薮を漕いで行くと、その先には、広大な湿原が広がっていた。草紅葉(草が枯れて赤茶色に染まった状態)が美しい。7月には、湿原全体がお花畑になる。

 

20080914  

★後方に写っている南八甲田・櫛ヶ峰(1516.5m)は、急峻な岩稜の北アルプスとは、表情が全く異なり、とても優しく、丸くたおやかな山だ。

20080914_2

 

 

★青空を映し、群青色に輝く池塘。

 

 

 

 

 913日(土)~15日(月)の3連休を利用して、青森県八甲田山に行ってきた。

 

 青森県八甲田付近には、たくさんの湿原と池塘がある。

 

 酸ヶ湯温泉を基点とする「北八甲田」は、ロープーウェーがあり、道も整備され、すっかり観光地化されてしまい、訪れる人も多い。

 

 猿倉温泉を基点とする「南八甲田」は、かつては、山道が整備されていたが、訪れる人が増えるに従って自然破壊が進んだために、現在は、あえて刈り払いをせずにいるので、その山道は笹薮に覆われ、人間の安易な侵入を拒んでいる。

 

 背丈ほどに延びた笹薮を漕いで行くと、その先には、広大な湿原が広がっていた。草紅葉が風にそよぎ美しい。頬を撫でる初秋の風が心地好い。

 

 南八甲田・櫛ヶ峰(1516.5m)は、急峻な岩稜の北アルプスとは、表情が全く異なり、とても優しく、丸くたおやかな山だ。

 

 笹薮に覆われているために、猿倉温泉~櫛ヶ峰の往復には、11時間ほど掛かったが、初秋の静かな山を満喫した。

 

 このまま刈り払いをしなければ、笹薮がもっと生い茂って、やがて、踏み後も無くなり、湿原に至る道は消え、原初の状態に戻るだろう。自然を守るには、人が入ってこないのが一番だ。

 

 この夏、黒部ダムに至る水が湧き出る最初の地点、「黒部源流」の碑が立っている北アルプス最深部まで、5日間掛けて行って来たが、こんな奥地にも沢山人が入り込んでいて、さらにショックなことには、「黒部源流」の碑のそばで、人間のウ○○を踏んでしまって、北アルプス最深部もずいぶんと俗化したものだと、哀しくなった。

 

 自然を守るために、「刈り払い禁止」と決めた環境庁にエールを送りたい。

 

 

 

2008年9月12日 (金)

生も、死も

20080812

 

★朝日に輝く北アルプス・雲ノ平。遠くに薬師岳のシルエットが見える。

 (クリックすると拡大します。)

 

 

 

 リウマチの症状はすっかり消え、リハビリに励んでいるHちゃんから、電話があった。

 

「床に座った状態から何とか立ち上がれるまでに、足の筋力が快復したので、お風呂にも楽に入れるようになって、今年の夏は、毎日湯船に入ったよ」と、リハビリも順調に進んでいる。

 

 リハビリの良い先生が見つかって、毎週木曜日に自宅で指導を受けているとのこと。

 

「本当にいい先生で、質問にも的確に答えてくれるし、

 とても明るくて、そう、あのYちゃんにそっくりな先生。

 そう言えば、Yちゃんは、どうしているかなあ…

 元気かなあ…」

 

 

 

 これを聞いて、

 私は、哀しみと嬉しさを同時に感じていた。

 

 生も、死も、

 喜びも、哀しみも、

 宇宙の大きな大きな流れの中にある

 本当にそう思えた。

 

 

 

 Yちゃんは、1歳年下の友人だが、昨年7月に亡くなった。

 Hちゃんには、Yちゃんの訃報は知らせていない。

 

 

 

「早く自由に歩けるようになるといいね。

 歩けるようになったら、一緒に行きたい所がある。

 それが何処かは、今は、ヒミツ…」

 

 

 たくさんの花が咲き乱れる中を

 自由に歩けるようになったHちゃんと、

 私と、

 Yちゃんの子供達と、

 にぎやかにお墓参りに行く

 

 

 そんな光景が目に浮かんだ。

 

 

 

 

★「16回 自分力研究会in静和漢方薬局922日(月)午後2時~5

 詳細は↑をクリックして下さい。

 ご参加お待ちしています!

★今までの「自分力研究会in静和漢方薬局」は、←をクリックして下さい。

2008年9月 9日 (火)

わくわく

20080908

★走れ!空に向かって!

 

 

 

 久しぶりに何にも予定のない休日。

 

 夏休みも終わった平日の午前中とあって、

 話題の「崖の上のポニョ」も、がら空き状態で鑑賞。

 

 

 

 「崖の上のポニョ」は、今、

 大人の目線からの理屈っぽい批判が、

 インターネット上を賑合わせている。

 

 

 

 でもね、自分が子供の頃のことを思い出してごらんよ

 

 台風が来るのが楽しかった

 強い風にわくわくした

 

 停電も

 ごっこ遊びの延長のようで、

 洞窟探検隊に「へーんしん!」

 

 おろおろ心配する大人を尻目に、

 非日常にわくわくした

 

 

 

「いきもののような海。

 魔法が平然と姿を現す世界。

 誰もが意識下深くに持つ内なる海と、波立つ外なる海洋が通じあう。

 ―中略―

 初源に属するものをためらわずに描いて、

 神経症と不安の時代に立ち向かおうというものである。」

 (宮崎 駿「崖の上のポニョ公式サイト」より抜粋

 

 

 

 大人になると、どうもイケナイ

 沢山の固定観念に縛られてしまって、

 自由な発想が出来なくなる

 

 「魔法が平然と姿を現す世界」

 そんな世界も、信じればアリということが、

 シンジラレナクナル…

 

 「神経症と不安の時代」には、

 子供の頃のわくわく感を思い出すことが

 一番のくすりかもしれない…

 

 

 

★「16回 自分力研究会in静和漢方薬局922日(月)午後2時~5

 詳細は↑をクリックして下さい。

 ご参加お待ちしています!

2008年9月 7日 (日)

魔法の呪文

200808312

★路傍の露草。瑞々しい青に引き付けられる。

 「野原の花がどのように育つかを考えてみなさい。

 働きもせず紡ぎもしない。

 しかし、言っておく。

 栄華を極めたソロモンでさえ、

 この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。」

 (ルカによる福音書 / 12 27節)

 

 

 

 

 94日(木)は、「坂下メソッド・自分力教室」の平日クラスだった。

 新しいワークに変化して、エネルギーは、加速度的に高まっている。

 

 

 

「自分が、完全に『ポジティヴ』に成り切る。

 

 『うまく行っていない』という思い込みは、『観念』。

 『完全にうまく行っている』その状態に成り切る。

 

 成り切る=結果を先に創り出す。

 すると、宇宙は、それに答える。

 

 パラレルワールドの何処の自分を選択するかで、

 見る世界が全く変わってくる。

 

 苦行は古いやり方。

 

 否定的(ネガティヴ)なものをやり尽くさなくても、

 肯定的(ポジティヴ)な方向にいける。

 

 色々な方法論(核心部の周りでウロウロする様な状態)のみに終始せず、

 核心部にダイレクトに手を伸ばし、

 手に入れる。

 

 出来た自分に成り切る=行動から変えていくと、

 喜び(感情のエネルギー)が増し、

 「出来る」という新しい観念が強化される。

 

 「プラスのスパイラル」によって、

 ポジティヴなエネルギーを増幅していく。」(by ミッチー先生)

 

 

 

 と言う訳で、

 参加者それぞれが、

 結果を先に創り出す「魔法の呪文」を考えた。

 

 「成り切る」ことで、意識が変化する。

 そして、プラスのスパイラルになり、

 加速度的にポジティヴなエネルギーが増幅する。

 

 そう言えば、

 「魔法とは、意識の変容である」と、

 「MEDICINE CARDS」にも書いてあったっけ…

 

 

 「魔法の呪文」は、人によって、

 また、同じ人でも、時と共に変わってくる。

 

 「魔法の呪文」が知りたい人は、

 「坂下メソッド・自分力教室」へどうぞ。

 

 

 

 「自分力研究会in静和漢方薬局」も、

 ポジティヴなエネルギーで取り組んでいきます。

 

★「16回 自分力研究会in静和漢方薬局922日(月)午後2時~5

 詳細は↑をクリックして下さい。

 ご参加お待ちしています!

2008年9月 6日 (土)

自然体

20080831

★日光・滝尾(たきのお)神社は、観光スポットから外れた場所にあり、とても静かで、幽玄な雰囲気のエネルギーに満ちた神社だった。写真は、強いエネルギーを発していた勝道(しょうどう)上人の墓のそばの杉。勝道上人は、日光開山の祖。

 

 

 

 830日(土)~31日(日)は、

 日光・東照宮近くに位置する「妙月坊」での

 「ヨガと瞑想のリトリート」に参加した。

 

 妙月坊は、緑に囲まれたとても静かな場所で、

 気持ち良くヨガと瞑想ができた。

 

 

 

 牧野先生の瞑想クラスは、とても自然体で、余分な力が抜けて、

 どんどんエネルギーが満ちてくる。

 

「瞑想で一番大切なことは、楽しんでやる心。」

 

「自分が楽しければ、人も楽しくなる。

 

 仕事も、遊びも、自分の本当の喜びのためにやっていたら、

 世界は、楽しくなる。

 

 自分を大切にすることは、世界を大切にすることと同じ。」

 

 

 

 ヨガを教えて下さるD先生は、とても熱心で頑張り屋さん、

 ヨガの才能もあり素晴らしい先生だが、

 

 私は、熱心なD先生のエネルギーに引っ張られると、

 つい頑張りすぎて、無理をしてしまうので、

 自分の身体を良く見ながら、無理をしないように気を付けている。

 

 D先生には、幼い可愛い女の子がおり、

 ヨガに専念したいのに、お母さんもしなければならないと、

 ジレンマを感じていて、

 

 D先生は、瞑想クラスの終了間際に、牧野先生に質問した。

 「自分のスワダルマが分からない…。」

 

 

 

 牧野先生の答えは、

「スワダルマは、天命と訳されるが、イコール天職ではない。

 職業は生きていく糧であって、必ずしもイコール天命ではない。

 スワダルマは、一生同じこともあるし、何回も変わることもある。

 

 マインド(考え)が大きくなりすぎると、

 本当にやりたいこと(スワダルマ)が、分からない。

 

 今、スワダルマが分からなかったら、

 今やっていることをやりきる。

 

 マインドレベルのスワダルマをやりきると、

 ハートのスワダルマが分かる。

 

 ハートのスワダルマに達すると、

 マインドレベルで経験した苦しみは必ず役に立つ。

 

 自分のハートの声を信じて、

 自分自身を生きることが、スワダルマに通じる。」

 

 

 

 そして、

 リトリートが終わり、帰りの電車の中で、

 D先生は、ひどい頭痛になり、吐き気も出てきて、

 立っていられないほどになった。

 

 

 それを見ていて、牧野先生のエネルギーの影響だと思った。

 

 自然体で生きている牧野先生のエネルギーは、

 D先生のマインドで縛られている部分に影響を及ぼした。

 

 

 真の自分を生きている人は、

 そこに存在するだけで、周囲に影響を及ぼして行く。

 

 

 

★「16回 自分力研究会in静和漢方薬局」 922日(月)午後2時~5

 詳細は↑をクリックして下さい。

 ご参加お待ちしています!

 

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

フォト

FILM写真

  • 20130910200010028
    2011年5月21日(土)「LEICA M6」 を購入。その後「ROLLEICORD Ⅴ」、「LEICA Ⅲf」、「LEICA M3」を購入。フィルム写真を楽しんでいます。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my worldー風景&HANAー

  • 2014_11_27_eos5dm2_
    「Lumix LX1」、「EOS Kiss X3」、「EOS 5DMⅡ」、「EOS 7D」で、切り取った風景、花。 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my world -定春&豆子-

  • 2013_10_07_eos5dm2_08
    我が家のチワワ定春(♂)&豆子(♀)の写真 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

粘土細工

  • 2013061213_2
    こどもの頃のどろだんご作りを思い出しながら、アニメーション粘土を使って作りました。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ