« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月25日 (木)

自分の心の真実を見る

20070123_1122日(月)にミッチー先生に作成してもらったブレスレットです。(写真をクリックすると拡大します。)

 天珠の種類は特殊眼天珠の「虎牙心心相印天珠」

 真ん中のハートが可愛らしいので選んだのですが、大き過ぎて(サイズ:幅31.5ミリ×厚み15.5ミリ)、実物は余り可愛くありません(がっかり…)。しかし、力強いエネルギーを持っています。「虎牙」ですから、元来、「可愛い」と言うより「力強い」のでしょう。

*************************

 昨日、先に購入して置いた特殊眼天珠の「虎牙心心相印天珠」を使って、新しいブレスレットを作成してもらった。天珠の他に、フロスティクォーツ、レッドタイガーアイ、ローズクォーツ、ブラッドストーンを使っている。

 テーマは「自分の心の真実を見る」

 出来上がったブレスレットとエネルギーを合わせている時感じたのは、とても重厚なエネルギーで、重心がググッと下に下がって、足元がしっかりとしてくる感じだった。左手を通して心にエネルギーが勢いよく流れこんで来る感じもあった。

 自分で自分に嘘をついていると力が出てこないのは当然だが、意図的に自分を偽ろうとしなくても、自分で自分の心の真実を見ようとしない限り、自分の心の真実は分からないし、真の力も出てこない。

 このブレスレットを着ける事で、「自分の心の真実を見る」というテーマをいつも意識し、実行して行く手助けになる。「自分の心の真実を見る」ことで、腹(丹田)が据わり、充実してくる。自分の真の力を発揮できるようになる。今の私にピッタリのテーマだし、ブレスレットだと感じた。

 手首が細く、か弱い私には、この天珠は少々大き過ぎて、「デカイ!」というイメージだが、ビッグ(?)になることを目指して、このまま使ってみようと思う。

 

「感じる」と「味わう」

 121日(日)の気功教室後のワークで、「『感じる』と『味わう』は違う」と言われ、本当にそうだなあと思った。

 Uさんが、みかんを実際食べて味わった。その時Uさんの意識はみかんを味わうことに集中していた。それが、「味わう」ということ、「真剣に係わる」ということ。

 「自分の感じていることを知る」と言うことも、「感じていることを味わい尽くす」ことで、初めて本当の意味で、その感じていることを知ることになる。

 そして、「味わう」ということは、自分が感じていることをただ感じるだけではなく、そう感じている自分を認め受け入れるということ。

 喜びを感じている自分、愛を感じている自分、怒りを感じている自分、悲しみを感じている自分、惨めさを感じている自分、感じることだけではなく、感じていることをじっくりと味わい、認め、受け入れる、そこで初めて本当の自分を知ることが出来るし、自分を認め赦し受け入れることが出来る。

2007年1月12日 (金)

静和漢方薬局 第5回 自分力教室

 1月8日(月)、新しい年の初めの自分力教室。第1回からずっと参加してくださっている方たちが集まってくれた。その人達は、確実に成長している。輝きが増している。自分に自信を持ち、自分を生きている。言葉にも力が出てきた。存在自体に力が感じられる。すばらしい成長だ。皆さん、日常の中で努力して自分自身と向き合っているのが良く分かる。

 さて、新しい年、どのように生きていくか。

 瞑想の時間があり、その時、私は、真実を見抜く目を持ちたいと思った。

 では、真実とは一体なんだろう。ミッチー先生曰く「真実は、飽くまでも『自分にとっての真実』であり、真実を知るということは、自分の真実を追究していくこと、それは何処までも自分を知るということ、どこまでも自分を感じ、認めたくない自分も認めていくことだ」

 「認めたくない自分を認める」ことはなかなか難しい。でも、それこそが「真実を知ること」なのだ。他者を批判し、他者の中の真実を抉り出そうとしたところで意味は無い。

 今年は、さらに「自分の認めたくない自分」を目の前に突き付けられそうだが、昨年年末からあった「抉り出したい欲求」は、「自分の心に正直に生きたい」と願う私の真実であり、自分を抉り出したかったのだろう。あー(ため息)、何でそこまで…とも思うが、これが私の魂の欲求なら致し方ない。とことんやるしかない。

 私はこう感じ、こう考えて、こう行動するというように、自分の内側を一つ一つ丁寧に感じ、観て、自分自身の内側にある真実をきちんと表現して行く。今年もまた新たなチャレンジの一年になりそうだ。

 

罵詈雑言

 新年早々「何だ?!」と思われる表題だが、新年早々の気功教室後のワークでのこと。お互い罵詈雑言を言い合うワークをやった。しかし、これがまた、なかなか難しい。なかなか出てこない。すらすらと言うひさよちゃんに圧倒されて、なかなか出てこない自分がくやしかった。

 新年早々から、何故こんなワークをやったのか。昨年年末から、どうも「抉り出したい」欲求を感じ、色々な所に爆弾を投げ込んでみた。某コミュニティ、自分の本心と向き合うことから逃げている旧知の某ブログ主、闇の部分も当然あるはずなのに表面はおだやかそうな某氏、しかし、あまりすっきりしない。イライラだけが残った。

 罵詈雑言を言い合ったのは、表層の感情を外に排出し、その底にある「一体自分は何をしたかったのか」を知るためだった。

 「自分はいったい何がしたかったのか」、行動の原点、感情の原点を見つめてみる。

 「真実を抉り出したかった」、では真実とは一体何?

 次の日の「静和漢方薬局 第5回 自分力教室」で気付いた。真実とは飽くまでも「自分にとっての真実」であり、他者を批判し、他者の真実を抉り出そうとしても無意味だという事に…

2007年1月 5日 (金)

すべて満たされている

★明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願い致します。

 年明けと共に瞑想した。

 突然大きな愛に包まれて、満たされている自分を感じ、涙が溢れ出て来た。もう何も必要ないくらいに自分は満たされている、心の底からそう思えた。

 新しい年の指針を得ようと瞑想したが、大きな愛に包まれ、満たされ、胸がいっぱいになり、ただただ涙するだけだった。

 瞑想を終わって、これは何だったのか、と思いを巡らせていたところ、ふと「これだ」と分かった。

 今までの私は、自分の足りない所ばかり観て、「自分は○○が足りないから、もっと○○しなければならない」という状態だったが、これでは充足感よりも焦りばかりが先に立ち、満たされることは少ない。何時になっても目指す自分からは程遠い感覚ばかりが残る。

 そう、「私は、すべて満たされている、もう他に何も必要が無いくらいに満たされている」と、充分に愛を感じながら生きる人生、その方が、ずっと楽しい。辛い事だって、「すべて満たされている」と分かっていれば、楽しめる。

 今年も愛、感動、激動の一年になりそうだが、起こって来ることすべて、人生すべてを楽しもう!

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

フォト

FILM写真

  • 20130910200010028
    2011年5月21日(土)「LEICA M6」 を購入。その後「ROLLEICORD Ⅴ」、「LEICA Ⅲf」、「LEICA M3」を購入。フィルム写真を楽しんでいます。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my worldー風景&HANAー

  • 2014_11_27_eos5dm2_
    「Lumix LX1」、「EOS Kiss X3」、「EOS 5DMⅡ」、「EOS 7D」で、切り取った風景、花。 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

Kiss my world -定春&豆子-

  • 2013_10_07_eos5dm2_08
    我が家のチワワ定春(♂)&豆子(♀)の写真 COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.

粘土細工

  • 2013061213_2
    こどもの頃のどろだんご作りを思い出しながら、アニメーション粘土を使って作りました。COPYRIGHT(C) 2000-2016 香花橘時鳥 ALL RIGHTS RESERVED.
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ